四季の庭 つる性植物の詳細ページです。つる性植物の選び方や育て方などを紹介します。
つる性植物のページ topphoto

つる性植物

つる性植物は、climbing plantとも言われ、支えとなるものがあれば「付着根」と呼ばれる特殊な根や巻きヒゲを出して、垂直方向に伸び広がって成長する性質があります。
この特性を活かして、トレリスやフェンスを利用し誘引することで立体的に庭を演出することが出来ます。
また、樹木のように太い幹を持つものは少ないため、庭のスペースが限られた場所でも植栽を楽しむことが出来ます。
特に、窓やドアといったパーツは、建物と庭とを繋ぐ部分ですので、つる性植物を上手く絡ませることで構造物との一体感を演出するのに役立ちます。
つる性植物というと、地味なイメージをもつ人もいるかと思いますが、ノウゼンカズラのように華やかな花を咲かすものやツルマサキのようなカラーリーフの植物もあります。


ツルマサキ

春から夏にかけて、斑入りの緑の葉が目に涼しいツルマサキは、秋には品種によりピンクや赤に紅葉します。
病害虫にも強く、フェンスなど誘引するものがなければ横に匍匐するので、グランドカバーにも向いています。
ゴールドやライムグリーンなど葉色が華やかなので、洋風なエクステリアによく似合います。


ノウゼンカズラ






クレマチス

「つる性植物の女王」と呼ばれるほど人気の植物です。
300種以上といわれる非常に多くの品種があり、一重咲き、八重咲き、釣り鐘型の花姿などがあります。
花の色も白、黄、ピンク、赤、紫と豊富にあるので、お気に入りを探すのも楽しいかもしれません。


アイビー

ヘデラとも呼ばれます。耐陰性があるので、日陰でもよく育ちます。
アイビーはグリーンの葉色のほかにも、白や黄色い斑が入ったものなどがあり、中には紅葉する品種もあるので、カラーリーフとして葉の美しさを楽しむことができます。
葉の形も、星型やハート形、バードフット(鳥の足跡)など様々です。
また、管理しやすく、挿し木で簡単に増やせるところもアイビーの魅力です。


ツルニチニチソウ

匍匐性があるのでグランドカバーとしても人気です。
小振りでつやのある葉色をしたヒメツルニチニチソウや、縁に淡い斑が入った種類などに人気があり、レンガ敷きのエントランスによく似合います。
ニチニチソウは病害虫に強く、成長力も旺盛なので挿し芽や株分けで増やせます。

四季の庭 Season's Garden

トップページに戻る
PAGE MENU 樹木編
シンボルツリー
中低木
樹木索引
PAGE MENU 草花編
グラウンドカバー
つる性植物
球根
PAGE MENU雑貨編
ガーデニンググッズ

このホームページはアフィリエイトを使用しています。

ウェルネス フラワー&グルメ ギフトショップ
とっておきの贈り物が
今なら特別価格!!

日比谷花壇